メニュー

子供の食物アレルギー対策の最新情報 - ロボットプログラミング教室 天六校|【2018年ものづくり大賞特別賞】受賞プログラミング教室

無料体験教室受付中!! tel:06-6359-0227受付時間
(12:00~21:00)

無料体験お申し込みフォーム

スタッフブログ

子供の食物アレルギー対策の最新情報

カテゴリ: 教育関連情報 公開日:2018年11月07日(水)

ロボットプログラミング教室天六校の佐藤です。

 

 

植物アレルギーの常識が変わろうとしています。

 

今までの常識ではありえない

積極的にアレルギー植物を取る治療方法が

注目されています。

 

 

例えば牛乳アレルギーの子供が

専門医の指導のもと

牛乳を毎日ごく少量のむ治療法です。

 

ポイントは牛乳の量です。

最初は0.01ccといって注射器で測るほど

ほんのわずかな量からスタートすることです。

 

 

医療界での今までの常識は

一定の年齢になるまで

アレルギー食品は除去した方が

いいとされてきましたが

これがかえって食物アレルギーを増やす

結果になっていることが分かってきました。

 

 

他にも重要なことがあります。

摂取するタイミングは

生後6ヶ月ぐらいの早いタイミングからが良く

 

またアレルギー食品が皮膚から入ることを防ぎ

口から食べることが重要です。

 

 

食物アレルギーは

克服することができるようになったので

この新しい常識が広まれば

お母さまの負担が減り

子供の笑顔が増えそうですね。

 

 

日本小児アレルギー学会の最新の発表によると

「アトピー性皮膚炎がある乳児は

卵の摂取が遅いほどアレルギー発症リスクが高まる」

とのことです。

 

 

今まで、予防ができるとは思ってもなかった

食物アレルギーでしたが予防がで

仮に症状が出ても

早期であれば治療ができる時代になりました。

 

 

ただ、間違ったやり方では

命にかかわることですので

専門医の指導のもと取り組みましょう。

 

 

 

天六で年長さんや小学生のプログラミングICT教育なら「ロボットプログラミング教室天六校」へ

 

〒531-0074 大阪府大阪市北区本庄東1-25-8 アシスト94 1F
各線「天六駅」徒歩5分「中崎町駅」徒歩6分「扇町駅」9分

Copyright©ロボットプログラミング教室All Rights Reserved. - [login]